ヒアリングが丁寧な会社

ヒアリングが丁寧な会社 アリバイ会社を利用しようと考えたときに不安になることといえば、ちゃんとした会社なのか、お金だけ取られてしまわないかということがあります。けれども、慎重に会社のことを調べたうえでサービスを申し込めば、そういった悪徳会社を避けることは可能です。アリバイ会社に依頼する際には、経営実態のある会社であることを確認したうえで、優良な会社を選ぶようにしましょう。
優良なアリバイ会社を選ぶときの判断基準の一つになるのが、契約を交わす前にヒアリングを丁寧に行ってくれるかどうかです。悪徳な会社の場合には、顧客を逃すまいとして、とにかく早く契約を進めようとする場合があります。ですので、事前に料金やサービス内容の説明、ヒアリングなどをじっくりと行うことなく契約を急かしてくる場合には、その会社と契約することを考え直したほうが無難です。料金の安さやサービス内容だけで依頼する会社を決めるのではなく、まずは複数の会社に相談してみて、対応が丁寧な会社を探しましょう。

不動産への知識がある会社かどうか

不動産への知識がある会社かどうか 「アリバイ会社」というのをご存知ですか。社会的地位(収入・雇用形態・勤務先)を偽装するサービスを行う会社です。日本には数多くのアリバイ会社が存在しますが、なぜこのような会社が必要なのでしょうか。利用する目的は、賃貸契約・金融関係の審査・保育園の入園など様々です。中でも、賃貸物件の契約に多く利用されています。部屋を借りるには入居審査が必要です。家賃に対して収入が見合っていない、安定した収入が見込めないなどは入居審査に落ちてしまう可能性があります。また、職業も水商売など夜の仕事をしている人も敬遠されがちです。そこで、利用されるのがアリバイ会社です。例えば、実際は水商売で働いているとしても、一般企業で正社員として働いているように偽装してくれるのです。利用者のために会社を用意し、いかにも働いているかのように対応してくれます。
しかし、この行為は大家さんや不動産会社を騙すということです。身分を偽っていることがバレたら当然揉めます。そういうトラブルが起こらないように、不動産への知識があるアリバイ会社を選ぶようにしましょう。